賃貸でも信頼は大事

賃貸の違約金について

トップ / 賃貸の違約金について

賃貸探しのアプリ情報

賃貸アパートの引越し

大学生の頃、大学の近くの賃貸アパートで一人暮らしをしていましたが、事情があり、実家に帰らなければならなくなりました。マンションを契約してから半年くらいしか経っていなかったので、違約金を支払わなければなりませんでした。当時の私はまだ二十歳やそこらで、賃貸アパートを借りる際に契約書等にきちんと目を通すということを怠っていました。今でしたら契約期間の終了日前に解約をすれば、当然「違約金」が発生することは当然分かりますが、その頃の私はその事実に驚きましました。お金を用意していなかったので、申し訳なかったのですが急遽親に借りて支払いをしました。

違約金の設定と信頼関係

不動産賃貸においては、その不動産の性格によって、居住や商売など、使用目的が決まっています。目的違反の場合は、契約解除の要件となりますが、貸し手側をより保護するために、違約金を設定する事もできます。しかし、不動産の賃貸契約、特に、居住目的の契約の場合には、借り手の権利は非常に強力なものです。具体的には、目的違反があった場合でも、当然に解約などが出来るわけではありません。契約に盛り込むことは出来ても、実行は難しいのです。ここでは信頼関係が破壊されたかが重要になりますが、普段からのコミュニケーションで信頼関係を明確にしておく事が大切なのです。

© Copyright スマホで全国賃貸検索可能. All rights reserved.